スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保護犬について

ここ2,3日、保護犬について思うことが多々ありましたので、記しておこうと思います。


私のPC机には、はなちゃんがレスキューされたその日に写されたという写真が
いつでも見られるように置いてあります。

rescuehana.jpg


ガリガリに痩せ、帝王切開の手術の糸がついたまま、蚤シラミが全身を這っていた哀しい姿。
この日の姿に二度と戻してはいけないな(日ごろからそう意気込んでいるわけではありませんがね(~_~))と思って。


今は、パンダみたいにふっくらふわふわの華ちゃんですがねぱんだ


正直に言いますと
初めてお見合いで見た華ちゃんをかわいそうだとは思いましたが、
かわいいとは思えませんでいた。

フケがたくさんついていて、毛がごわごわ。
控えめになでることは出来ても抱っこは出来なかった私です。


しかしチビ子(次女)が華ちゃんをずっと抱き離さなかったんですよ。
『かわいい、かわいい。すぐ連れて帰りたい』と言うのです。
オットもあまりに哀しげなはなちゃんの目を見てやはり
『すぐ連れて帰りたい』と。


私は煩悩の塊ですから(笑)、もうちょっとかわいくて愛嬌のある子の方がいいな、
なんて思ったのですが(スイマセン)
とりあえず避妊手術後トライアルをすることになり、今に至ったわけです。



じゅんこさんが今、預かっているぱーちゃんも繁殖するためだけに生かされていた地獄から
今の飼い主さんに救われて、いい時期もあったのかもしれません。

しかし哀しいかな、人間の状況しだいで、
ワンちゃんを取り巻く環境は簡単に変わっちゃうのですね。

地獄を経験し、その後訪れた安息。

そしてまた人間の都合でケアがされなくなったら、ワンちゃんの哀しみはいかばかりかと。
一度人間の温かさを知った後ですから。



はなちゃんをレスキューして下さった成犬譲渡の会の会報に、譲渡後のフォローがいかに大切であるか書かれてあります。
またそのために会のスタッフの方が、いかにご苦労されているかも読み取れると思います。

せっかくご縁をいただいてうちに来てもらったはなちゃん。

この笑顔がいつまでも続くように気負わず生活していきたいなと思います。


200606206.jpg


正直、悲しい話

引越しをしたので華ちゃんをレスキューしてくださった会の方に連絡をしました。

はなちゃんがとてもかわいらしくなっていたのを喜んでくださり、私もはなちゃんとの糸をつないでくださったことに感謝しました。

ところではなちゃんはいい加減なブリーダーの元で、さんざん繁殖に使われた挙句、帝王切開の糸がついたまま捨てられたのですが。

会の方はそのブリーダーが縮小するというので、いろいろとご尽力されていたようです。
その甲斐あって一時は10匹までに減ったそうなのですが、
なんとそれからまた50匹まで殖やしてしまったとのこと。

さらに本人は認知症にかかったため、家族が面倒見切れず30~40匹放棄すると
言ってきたそうです。

自分の勝手で殖やし、いらなくなったらボランティアに押し付ける。

会の方はどんなに悔しく腹立たしいお気持ちでしょう。
けれど捨てられてしまう命を放置することができるでしょうか。
答えは決まっています。

片目のパグ、白目のシーズー、標準より大きくなってしまったシーズー。

どんな環境におかれていたのか、想像つきますよね。



はなちゃんはチワワばかりを10数匹集めたコンテナーに押し込められていたそうです。
私はその話をお聞きしたときに勘違いをしていました。
狭いながらもある程度の自由が利く生活。
しかしコンテナーの中の汚い檻に入れっぱなしだったそうです。
だからはなちゃんは姿勢が悪いのかもしれません。
いつも怖くて汚くてつらかったのね。


HPで見聞きするほかの保護犬は割と人になつくのも早いように思います。
しかしはなちゃんは違います。


人間が本当に怖いようです。
家族でさえ、私でさえ、抱っこしようとすると一度はベッタリ地べたに伏せをしてブルブル震えます。
抱っこしされると観念したようにじっとかたまってしまいます。
自分からいやだと身をよじることも、逃げるでもなく、ただひたすらじっとしています。
自分から抱っこして!ときたときでも、抱っこ当初はガチガチです。

一番くつろいでいるのは華さまゴージャスハウスにいるときかしら(笑)。
CA3A0067-0001.jpg

最近ゴージャスハウスは暑くて、こちらがお気に入り。
さわやかギンガムチェック柄。



あとはご飯ね。
いつも完食ですよ。
CA3A0069-0001.jpg


ご飯はハウスの外で食べさせた方が良いと聞いたので試したら、何気に後ろ足はハウスに入れたままです(笑)。


ボランティアの皆様の活動には本当に頭が下がります。
ありがとうございます。
本当にありがとうございます。

なに、それ!?(怒)

今あんまり腹が立ったもので、つい書いちゃいますが。

里親募集サイトにて。

子供にせがまれて飼い始めたチワワに子供が飽きてしまった。
他の犬が欲しいとせがまれている。
親がほとほと困って里親募集。

だって!!!

飽きて
他の犬が欲しい

だって!?


それを親がほとほと困ってどうする!!

犬は生き物、飼い始めたら生涯面倒を見る責任があるのよ。
命の大切さを教える良いチャンスじゃないですか。

命を預かるってことはゲームとは違う、リセットボタンで飽きたらやり直しはきかないんだってことを
ぜひ教えて欲しいですよ。

そりゃ子供は欲しがります。
うちの子だって、次はふわふわのゴールデンが欲しい、だの 
白いチワワが欲しいだの
ブラックタンが欲しいだの
言います。

でもチョコや華に飽きるなんてことはないですよ。
もう家族ですから。

あ~なんか残念ですよ、ホント。


pondechocos2.jpg
飽きられたら悲しいでち

ブリーダー崩壊

アメリカンコッカーのブリーダーが崩壊したそうです。

埼玉を中心に活動されている

ペット里親会

をはじめ複数の団体がレスキューにあたっているようです。


ぜひサイトをごらん頂き、安易な繁殖についてお考えいただけたら幸いです。
(レスキューの様子はブログをご覧ください)





アメリカンコッカーといえば、ファニーな顔でニコニコ人懐こいっていうのが私のイメージ。
(といってもラウラマンマさんのところのラウラちゃん:コッカー:しか知らないのですが"^_^")

レスキューされたコッカーたちのあきらめきったような悲しげな表情は
ラウラちゃんとあまりに違います。

でも思い出しました。
はじめて会ったときの華ちゃんの顔もこんなでした。


これからきれいにしてもらって、やさしい里親さんとご縁があると良いな。

いつかニコニコでとお散歩できるようになりますように。


2008年4月13日0006
プロフィール

しゃんころりん

Author:しゃんころりん
◎チョコ◎   
ATHENA OF RAINBOW KIDS JP
ロングコートチワワ レッド ♀ 2.2キロ 2006.2.15生まれの5歳
(チョコ父  BRONZE OF NARUSHIMA GARDEN JP
チョコ母   BEDFELLOW OF RAINBOW KIDS JP)
親戚さんいらっしゃったらご一報くださいね。

◎はな◎   
ロングコートチワワ ♀ 2.4キロ
誕生日不明推定10-12歳
元繁殖苦労犬 

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
FC2カウンター
最近のエントリ
最近のコメント
カテゴリ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。